1: 風吹けば名無し 2019/09/04(水) 06:57:51.34 ID:Pv1bEdCC
no title


なぜ覚せい剤を使用するようになったのかを聞かれ、「数年前からうつ病になって通勤が困難でした」と。「でも仕事を続けたいと思っていて、より効果の強い薬を求めてしまったから」だと。被告人にとっては覚せい剤を抗うつ剤みたいな感覚で使っていたようです。

うつ病になったきっかけについては「労働環境が過酷でした」と話しています。平成25年に経済産業省資源エネルギー庁勤務、平成27年に本省の自動車課に異動。
この頃「この仕事を本当に好きでやっているのか」と悩んでいたようです。エネルギー庁での残業時間を聞かれると「平均で月150時間。多い時は300時間でした。1週間泊まり込みもありました」と。

※全文、詳細はソース元で
https://lite.blogos.com/article/401703/
働き方改革で残業が減らない理由 ちっとも進まない「経営者改革」
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1903/08/news018.html
アメリカの刑務所にいたことあるけど質問ある?
http://jiken24.com/archives/1239411.html

引用元: 【悲報】東大卒の官僚さん、300時間の残業に耐えられず鬱になり覚醒剤を使い無理やり出勤していた



【【悲報】東大卒の官僚さん、300時間の残業に耐えられず鬱になり覚醒剤を使い無理やり出勤していた】の続きを読む