猟奇事件



    1: 風吹けば名無し 2019/08/28(水) 10:32:38.19 ID:UMkX252r0
    流産させる会事件とは、愛知県半田市の中学校で企てられた事件である。
    2009年3月末現在、2chやmixi、ブログなどで話題となっている。

    部活動での注意や、席替えで発達障害のある生徒や不登校気味の生徒に配慮したことに不満を持った男子生徒5人が(妊娠した女性担任を)「流産させる会」を発足させる。

    合計で男子生徒11人が入会(実際に「活動」していたのは半数程度だという報道あり)。

    「流産させる」ために、呼びかけ人の5人が以下のような行動を行う。

    糊やチョークなどを混合して精液を模した液体を担任の車にかける(器物損壊)
    ミョウバンを給食に混入させる
    教員が座る椅子のねじを緩めて尻もちをつかせようと画策

    女子生徒が別の女子に相談し、その女子が2月25日に別の教諭に相談して発覚。

    5人が教諭に謝罪。

    翌26日に残りの6人も謝罪。

    校長らが会見する。

    校長のコメントは以下の通り。
    「ゲーム的な感覚や友人との付き合いでしたことで、流産させようと 本気に画策したわけではないと思う 。命の教育を浸透させ、今後二度と起こさないようにしたい」

    引用元: 【怖】「先生を流産させる会事件」とかいう愛知で起きたおぞましい事件





    【【凶悪】「先生を流産させる会事件」とかいう愛知で起きたおぞましい事件】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/05(月)01:08:35 ID:Zp6
    信者が次々と自殺していく時のテープあるとか怖すぎるやろ…

    https://youtu.be/OkookcrAnSE

    ジョーンズタウンの集団自殺

    人民寺院は、1978年にガイアナで集団自殺を行ったことで知られるアメリカのキリスト教系新宗教である。カルトの典型とされた。

    (中略)
    襲撃後「ジョーンズタウン」に犯行から戻った信者たちは、同日午後5時過ぎ、ジョーンズの指示によって、大きな鍋に入ったシアン化合物入りの飲料水を飲むか、シアン化合物を注射して集団自殺を図り、「ジョーンズタウン」で暮らしていた信者の約9割の914人が死亡した。その内の267人は18歳以下の子供であった。

    なお、これに先立って数十回に渡りジョーンズは信者に対して集団自殺の「予行演習」を行わせていた。集団自殺の模様を録音したカセットテープが残されており、ジョーンズは、ライアンら「一部の嘘つきたち」の訪問によってこれ以上教団での生活が不可能になったと主張し、信者たちに対し、これは「革命的自殺」であり、「別世界への旅立ち」だと訴えていた。このときのテープは演説、信者達の歌声が鳴り響きながら次々にその歌声が途絶えていき、最後にはまったくの無音になるという恐るべき死の過程を記録したものであり、後にTVでも放送され、全世界を恐怖のどん底へ陥れた。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/人民寺院
    関連:殺人博物館~ジム・ジョーンズ

    9f27665a-s
    本当は自殺、事故死じゃなく殺された有名人
    http://jiken24.com/archives/1432084.html

    引用元: 人民寺院の集団自決とかいうクッソ怖い事件


    【【閲覧注意】人民寺院の集団自決とかいうクッソ怖い事件】の続きを読む

    b6887604


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/03(金) 01:47:26.05 ID:Q2HTWkXn0
    栃木・リンチ殺人
    https://ja.wikipedia.org/wiki/栃木リンチ殺人事件

    【事件概要】

    1999年12月4日、日産栃木工場に勤めていた須藤正和さん(当時19歳が)リンチされ殺害されていたことが、
    殺害現場にいた東京の高校生D(当時 16歳)の出頭で発覚する。すぐにA、B、C(いずれも19歳)の3人の少年が逮捕された。
    3人は須藤さんを連れまわし、総額700万円以上の大金を消費者金融や友人達に借りさせ、遊びまわった。
    事件が発覚しそうになると、須藤さんを首を絞めて殺害、栃木県市貝町の山中に埋めた。
    ビートたけしの『フライデー襲撃』とか今考えるとありえないよな
    http://jiken24.com/archives/1273577.html




    【【閲覧注意】戦後の凶悪事件を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング