サイコパス

    7a7579e7


    1: 風吹けば名無し 2019/07/30(火) 03:45:41.41 ID:otAv0soW0
    オランダ人女性を殺した後に食って捕まるも「裁判では心身喪失であったとして不起訴処分で無罪となり、フランス国内の精神病院に入院する。」
    その後帰国してテレビに出たり本出したりAVに出たりしてる

    「退院後、出版した書籍が大ヒットする。現在では作家やコメンテーターとして時々公に姿を見せ、また人肉を食したいとの発言もしている(2010年1月29日新宿)。」

    海外の強者に比べると犯行自体はしょぼいけどその後がヤバすぎるやろ


    https://ja.wikipedia.org/wiki/パリ人肉事件

    佐川一政

    佐川 一政は、日本の殺人犯、小説家。パリ人肉事件の犯人として知られる。

    パリ人肉事件は、1981年(昭和56年)、フランスで起こった猟奇殺人事件である。
    犯人である日本人留学生、佐川一政が知人女性を射殺し、その肉を食べたというもの。

    佐川は犯行を認め裁判では心身喪失であったとして不起訴処分で無罪となり、フランス国内の精神病院に入院する。
    wiki-パリ人肉事件-より引用
    関連:「パリで人肉を食った男」佐川一政【閲覧注意】 - NAVER まとめ

    https://youtu.be/BosZxa1bYcE
    恐ろしすぎる未解決事件の打線をご覧くださいwwwwwwwww
    http://jiken24.com/archives/1282021.html

    引用元: サイコパス日本代表の佐川一政とかいう犯罪者wwwxwwwxwwwxwwxwwxwwwxww





    2: 風吹けば名無し 2019/07/30(火) 03:46:19.02 ID:otAv0soW0
    まだ生きてるんかな?

    【サイコパス日本代表の佐川一政とかいう犯罪者】の続きを読む

    ad84eaa0



    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/25(金) 03:27:15.693 ID:ligUyqGzd.net
    悪の教典みて思った

    悪の教典

    『悪の教典』は、貴志祐介による日本の小説作品。サイコキラーという裏の顔を持つ教師が引き起こす事件を描いたサイコ・ホラーである。

    ■ストーリー
    不良生徒、モンスターペアレント、学校裏サイト、集団カンニング、淫行教師など数々の問題を抱える東京都町田市の私立晨光学院町田高校に勤める蓮実聖司は、有能で人気者だが、裏では自分に都合の悪い人間を次々と殺害していくサイコキラーであり、一部の生徒や教師から疑われ始めていた。また、蓮実は自分を疑った者や邪魔に思った者を秘密裏に抹殺していた。

    修学旅行が終わり、それぞれの生徒が文化祭の準備に勤しんでいた頃、蓮実は邪魔になった女子生徒を自殺にみせかけて始末しようとするが、手順が狂い殺人の嫌疑が掛かりそうになる。蓮実はそれを隠蔽するため、出し物の準備のため校舎に泊り込んでいた担任クラスの生徒全員を、同僚教師の仕業に見せかけて散弾銃で皆殺しにする決意をする。こうして一夜の血塗れの大惨劇が始まった。
    wiki-悪の教典-より引用




    【サイコパスってなんで簡単に人殺しできるの?】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング