食べ物・料理

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/19(日) 16:44:28.71 ID:clVPmUQ39
    no title

    ラーメン二郎を源流とする、ニンニクや背脂などが利いたコッテリ濃いめのスープとちぢれた極太麺を特徴とするスタイルのラーメンが「二郎系ラーメン」です。そんな二郎系ラーメンを日清が「本気で再現した」という「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」が登場したので、「ラ王」というカップラーメン界のブランドが「二郎系」をどのように表現したのか、実際に味わってみました。

    これが日清豚ラ王のパッケージ。
    no title

    パッケージには、チャーシュー、アブラ、そして極太麺と、二郎の特徴である要素がそれぞれ描かれています。黄色と黒の色使いは、ラーメン二郎の看板を意識した配色です。
    no title

    スープはしょうゆ・豚脂・ポークエキスがベース。かやくはキャベツ・チャーシュー・にんにくです。
    no title

    カロリーは1食139gあたり504kcal
    no title

    側面には、「においが強いもののそばに保管しないでください」という注意書きが書かれていました。
    no title

    フタを開けると、中には焼豚・かやく・アブラ増し袋・液体スープの小袋が入っていました。
    no title

    麺はこんな感じで、日清ラ王史上最も太いというノンフライの「踊る極太麺」
    no title


    それでは実際に作ってみます。まずは焼豚とかやくを投入。

    no title

    熱湯を内側の線まで注ぎます。必要なお湯の量は400mlとなっています。
    no title

    待ち時間は5分。待っている間に、液体スープをフタの上で温めます。このとき、アブラ増し袋は温めません。
    no title

    5分経過後、開封して麺を軽くほぐしてから液体スープを入れ、よく混ぜます
    no title

    真っ白なアブラをかけて……
    no title

    完成。
    no title

    アブラ増し袋1袋には、カップ麺では見たことがないほどの量の背脂が入っており、にんにくの香りは部屋中に充満するほど強め。
    no title

    食べてみると、スープはニンニクの味わいがガッツリ効いており、次第にスープに溶け出してくる背脂のコクと旨みも相まって、かなりのコッテリ感で、「まさしく二郎系」といえる味わい。

    ※ソース元
    https://news.livedoor.com/article/detail/17680426/

    【カップラーメン界のブランドが「二郎系」をどのように表現したのか、実際に味わってみました】の続きを読む

    food_stake


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/15(水) 13:45:28.61 ID:zmk2b2f+9
    大量閉店が止まらない
    「いきなり! ステーキ」の窮状が明らかになっている。

    まず、既存店の売上の低下がおびただしい。昨年10月には41.4%減、11月は32.8%減という深刻な状況で、このようなデータはこれまでの外食産業には存在しない。

    (中略)

    一方そのウラで、急成長しているステーキチェーンがあることをご存知だろうか。

    「いきなり」大惨事のウラで急成長、「やっぱりステーキ」とは何者か
    「やっぱりステーキ」の店内。コーポレートカラーのオレンジが目を引く(筆者撮影)
    行列待ち2時間も当たり前

    その名は「やっぱりステーキ」だ。

    経営するのはディーズプランニング(本社/沖縄県那覇市、代表/義元大蔵)。同社代表の義元大蔵氏は1975年生まれ、
    那覇市内の高校を卒業後渡米、10年間滞在し、帰国後、飲食コンサルタントとして勤務したのち、独立して現在に至る。

    2015年2月、沖縄・那覇市に1号店がオープンすると、その後続々と店舗を拡大し、現在45店舗となっている(2019年12月末)。
    出店場所の内訳は、沖縄県内が24店舗(うち直営10店舗)、本土が21店舗である(うち直営3店舗)。

    本土の直営店は福岡市、名古屋市、仙台市にある。いずれも九州、中部、東北の拠点となる地方都市に出店していることから、これから本土での多店化が計画されているようだ。

    本土への出店は2017年9月、大分が皮切りとなった。2018年12月、沖縄に近い鹿児島に出店(天文館店)、「沖縄で人気のステーキチェーンが鹿児島にやってきた」ということで、
    オープン初日から200人近くの行列を作り、待ち時間は2時間以上という日が続いたという。そして、それ以降も出店するたびに、このような現象が見られるようになったそうだ。

    これだけ人気を博している理由の一つは、「やっぱりステーキ」の特徴である、「赤身肉」がメインで、ずばり「1000円」(税込)というお手頃価格であることだ。

    (以下省略)

    ※全文、詳細はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00069740-gendaibiz-bus_all

    no title

    no title

    no title
    【「いきなり」大惨事のウラで急成長、「やっぱりステーキ」とは何者か】の続きを読む

    tatemono_cafe
    1: 風吹けば名無し 2020/01/15(水) 11:22:26.90 ID:1jmPYCj8a
    外食トップへのアンケート調査 匿名を条件に聞いた「他店のまずいメシ」
    特集「外食の王様」では、外食トップへのアンケートを実施。これまで、1皿目【いきなり!ステーキ社長は抹茶推し!?

    外食トップ31人が選ぶ「20年に流行る食」】では「2020年に流行る食」を、3皿目【外食トップ18人が明かす「お手本」、マック・サイゼにグーグル・トヨタ】では「お手本にしている企業」について、外食トップたちの回答を紹介してきた。
    そして最後に匿名を条件に聞いたのは、他チェーンで「改善が必要だ」と感じたメニューについてだ。

     口をつぐむ経営者はいたものの、さすがは食のプロ。外食経営者ならではの視点で、“問題”を感じたメニューを明かしてくれた。

    (以下省略)

    ※全文、詳細はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00225425-diamond-bus_all
    【【悲報】外食業界トップさん「コメダ珈琲はコーヒーも含め、商品全体がおいしいと思えない」】の続きを読む

    fish_ikesu_syokunin


    1: 47の素敵な(武蔵國) (2段) 2020/01/13(月) 14:41:54.24
    no title

    no title

    【【画像】この刺身定食が2000円wwwww】の続きを読む

    food_cup_ramen_boy
    1: 風吹けば名無し 2020/01/13(月) 06:32:20.84 ID:qJ8llVzMd
    シリーズ史上最も太いウェーブ麺
    「日清ラ王」シリーズ史上、最も太いウェーブ麺"踊る極太麺"を採用。昨今のトレンドである、背脂とニンニクをしっかりときかせた豚骨しょうゆスープと、たっぷりの野菜を極太麺に合わせたラーメンをカップ麺で再現した。
    背脂のこってりとしたうまみや、突き刺さるガーリックの風味が味わえる豚骨しょうゆスープと、厚切りチャーシュー、たっぷりのキャベツは"踊る極太麺"と相性抜群。
    仕上げに別添の「アブラ増し袋」をプラスすれば、これまでにはなかった背徳感あるコク深い味わいが楽しめるという。
    具材は厚切りチャーシュー、キャベツ、きざみニンニク。

    発売日は2020年1月13日
    希望小売価格は368円(税別)。

    no title
    【日清さん、ついにとんでもない「ラ王」を新発売してしまう】の続きを読む

    ramenya
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/10(金) 07:56:23.99 ID:Rb5PoBKc9
    ある日、編集部の食ツウな上司から「蒲田で、すげぇラーメン屋を見つけたから行ってみてよ」と声をかけられた。
    何が"すげぇ"のかというと、ラーメン屋なのに"現金不可"、しかもメニューは"かけラーメンのみ"だというのだ。
    ラーメン屋の会計で電子マネーを使ったことがないし、"かけラーメン"というものを食したこともない。
    たしかに"すげぇ"。面白そうだったので、さっそく蒲田に駆けつけた。
    絶対、電子マネーが使えなさそうな店構えなのに……

    蒲田の駅前商店街を進んで小路に入ると、スナックや居酒屋がひしめく古き良き昭和風情たっぷりの飲み屋通りに行きつく。
    実は、この辺りには行列のできるラーメン店も数軒あり、ラーメンファンにはわりと馴染み深い場所だったりする。
    そんな一角に「メニューはかけラーメンのみ、現金不可」と書かれた手書き看板を発見。ここが、目当ての一軒「かけラーメン まさ屋」だ。

    手書きで温かみのある看板、うなぎの寝床的なこじんまりとした細い店内、カウンターのみの立ち食いスタイル……お店を一見すると、"現金不可"というか"現金のみ可"な雰囲気。
    しかし、お店の入り口には電子マネーやクレジットなどに使う端末が置かれていた。入店したら先払いするのがルール。「一番スタンダードなやつで……」と店長さんに伝え、PASMOでお金を払った。新鮮だ。

    カウンターの目の前には、大きなホワイトボードがあり、そこにはデカ文字で

    先払いでお願いします

    うちのらーめんは具無しです

    電子マネー・クレジットカードのみ

    現金使えません

    うちはほぼ立食いです(すいません)


    と書かれている。わかりやすい。手書き文字から店長さんの優しい人柄がひしひしと伝わってくる。なんかいい。"完全キャッシュレス"という先進的なシステムとのギャップもまたいい。ちなみに、オープンは2019年10月でまだまだ新店。

    (以下省略)

    ※全文、詳細はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000010-mynavin-life

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=Wqprxfta8mc

    【現金払い不可、かけラーメンのみ 革新的すぎるラーメン屋に行ってきた】の続きを読む

    no title


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/09(木) 14:48:03.63 ID:aGoMTSnl9
    「関西の餃子の王将ファンの皆様聞こえますか。
    東京の餃子の王将で天津飯を注文する時は必ず『京風ダレ』を指定するのです。
    でないと、我々の舌に馴染みのない甘酢ダレで提供されてしまいます。いいですか、京風ダレですよ」

    こんな投稿をしたのはツイッターユーザーのさく/酢酸(@sakusandesuyon)さん。話を聞くと、大阪生まれ大阪育ちのさく/酢酸さんは2年前に上京。東京の餃子の王将で天津飯を頼んだところ、舌に馴染みのあった天津飯とは全く別の味が出てきて驚いたという。

    西日本では京風のみ(画像は京風ダレ、王将フードサービス提供)

    まさか地域によって餡の味が違うとは、思いもよらなかっただろう。さく/酢酸さんの投稿には、

    「これ重要!引っ越したら食べ物が不安やから必ず最初は王将に行くけど、群馬でタレを聞かれて分からず甘酢を頼んで失敗(不味いわけではない)」
    「間違えて甘酢餡を頼んでしまった時、悲しくて悲しくて」
    「コレ上京した時一番驚いたことかも知れません」

    といった声が寄せられている。タレの違いに驚いたのはさく/酢酸さんだけのではないようだ。

    東日本では3種の餡を提供

    なぜ地域によって餡の味に違いがあるのだろうか。

    (以下省略)

    ※全文、詳細はソース元で
    https://news.livedoor.com/article/detail/17639121/
    【「餃子の王将」の天津飯、地域によって味が違った 西日本は「京風あん」1択だけど...】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/07(火) 17:24:28.92 ID:7QxD8bcY9
    no title


    焼き肉チェーン「牛角」を経営するレインズインターナショナルは1月7日、ネットなどで話題になっていた「焼き肉食べ放題PASS(11000円)」について、1月7日15時で新規販売を終了したと発表しました。

    no title

    同パスは2019年11月29日から販売されていましたが、1月5日にTwitterで「衝撃的すぎた」というツイートが話題になったのをきっかけに、「やばい」「安すぎる」といった声が相次ぎ大人気に。
    テレビやネットなどでも紹介された影響か、直近では「予約で席が埋まってしまっていて入れなかった」といった声もあがっていました。

    同社によると、一部ネットなどでも指摘されていた通り、現状では「多くのお客様から反響を頂き予約で連日お席が埋まりご来店いただけない状態になっています」とのこと。
    こうした状況に鑑み、「焼き肉食べ放題PASS(11000円)」の新規販売終了を決定したといいます。

    (以下省略)

    ※全文、詳細はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00000074-it_nlab-bus_all
    【【悲報】牛角「1万1000円で焼き肉食べ放題」の定額パス販売を急きょ終了 予約殺到で来店できず】の続きを読む

    teisyoku_hiyayakko
    1: 風吹けば名無し 2020/01/05(日) 19:05:56.55 ID:UI3MzYLe0
    大戸屋「七草粥」発売中

    大戸屋は「春の七草粥」を1月4日から発売中です。13日までの期間限定。一食350円(税込)。
    春の七草(セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ、ゴギョウ、ハコベラ)を使用した七草粥。
    大戸屋では、刻んだ七草と白米を昆布出汁で炊き、出汁と醤油ベースのあんをあわせ、やさしい味わいに仕上げたとのこと。

    (以下省略)

    ※全文、詳細はソース元で
    https://ascii.jp/elem/000/002/002/2002305/

    no title

    no title

    no title
    【大戸屋「新メニューは350円にしたろ。客増えるやろなあ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング